胃カメラ・ピロリ菌検査

こんなお悩みありませんか
チェックマーク
  • 胸やけがある
  • 時々酸っぱい胃液が逆流する
  • げっぷがよくでる
  • 飲み込む時に胸のつかえがある
  • バリウム検査で異常を指摘された

こんな病気かもしれません

こんな病気かもしれません
  • 慢性胃炎
  • ピロリ菌感染
  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
胃カメラ(胃内視鏡検査)とは

先端に高性能のカメラがついた内視鏡を鼻または口から挿入し、 食道・胃・十二指腸を観察する検査です。胃カメラのメリットは、バリウム検査(胃透視検査)よりも胃がんを早期発見しやすいことです。年1回の検査を受けていれば、がんを早期に見つけて内視鏡で切除できます。

当院の内視鏡検査

当院の内視鏡検査
  • 内視鏡専門医による検査

    当院の院長は、日本消化器内視鏡学会の専門医です。また、胃・大腸内視鏡検査と 治療件数のある昭和大学横浜市北部病院の消化器センターで、多くの経験を積んでおります。

  • 極細径の内視鏡

    当院の胃内視鏡は、先端部外径が5.4ミリと非常に細いタイプを使用。先端に高画質な超小型のCCDカメラを搭載しており、患者さまの負担を抑えながら精密な検査を可能にします。

  • 痛み・つらさを軽減する技術

    カメラが喉を通る際、嘔吐反射(喉を通る時に出る反射)で苦しんだ経験はありませんか?当院では、なるべく嘔吐反射が起こらないよう慎重に挿入いたします。

  • 「鼻から」「口から」を選べる

    嘔吐反射(喉を通る時に出る反射)が強い方へは「経鼻内視鏡」を、鼻が狭い方は「経口内視鏡」をおすすめします。どちらがよいか分からない方はご相談ください。

  • 胃・大腸の同日検査可能

    当院では、胃と大腸の内視鏡検査を同じ日に実施可能で、所要時間は15分程度です。なるべく一度の通院で済ませたい方におすすめです。

  • ご希望に応じて鎮静剤を使用

    どうしても検査が心配な方や、過去につらい経験をされた方へは、鎮静剤の使用をおすすめします。非常に楽に検査が終わりますので、患者さまの負担を軽減できます。患者さま一人ひとりに合わせて量を細かく調整いたしますので、今まで鎮静剤を使用したが効かなかった、効きすぎて検査後ふらふらしたなど不安な方も安心してご利用ください。

  • 徹底した衛生管理

    当院では、日本消化器内視鏡学会の推奨するガイドラインに基づき、スコープや処置具の洗浄・消毒を行っております。

検査の流れ

  • 注意事項
    検査前日
    • 遅くとも20:00までに飲食や服薬を済ませてください。
      (※午後や夕方に検査を受ける方へは別途ご案内いたしますので電話でお問い合わせください。)
    • 飲酒はなるべくお控えください。
    検査当日
    • 検査前は食事を抜いてください(水分摂取は可)。
    • 鎮静剤を使用する方は、事故防止のため当日の運転はお控えください。
    検査後
    • 検査1時間後から飲食が可能です。
      (※組織検査を行った方の食事は2時間後から)
    • 検査後2~3日は、刺激物は控えてください。

経口上部内視鏡

経口上部内視鏡
  • 1受付

  • 2更衣室

    貴重品をロッカーにお預けください。着替えは不要です。

  • 3問診

  • 4消泡剤の服用

  • 5喉の麻酔

  • 6鎮静剤

    ご希望に応じて鎮静剤を使用いたします。痛みやつらさが心配な方におすすめです。。

  • 7検査

    内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸を観察します。

  • 8休憩

    リカバリー室でお休みください。

  • 9検査結果・注意事項の説明

経鼻上部内視鏡検査

経鼻上部内視鏡検査
  • 1受付

  • 2更衣室

    貴重品をロッカーにお預けください。着替えは不要です。

  • 3問診

  • 4消泡剤の服用

  • 5挿入する鼻孔の決定

  • 6局所血管収縮薬の噴霧

    出血を防ぎ、鼻の通りを改善する薬です。

  • 7鼻の麻酔

    鼻腔に局所麻酔を行います。

  • 8鎮静剤

    ご希望に応じて鎮静剤を使用いたします。痛みやつらさが心配な方におすすめです。

  • 9検査

    内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸を観察します。

  • 10休憩

    リカバリー室でお休みください。

  • 11検査結果・注意事項の説明

検査後のアフターフォロー

  • 治療が必要な方には、お薬を処方いたします。
  • 特に問題がなかった方には、半年~1年後におすすめの検査についてご案内いたします。
  • 年1回の定期的な検査をご希望の方には、当院からご案内をお送りいたします。

院長からのアドバイス

  • 過去に胃カメラでつらい思いを経験された方へは、鎮静剤を使った検査をおすすめいたします。当院は、患者さまに応じて鎮静剤の量を細かく調整していますので、効きすぎることが不安な方にも安心してご利用いただけます。

ピロリ菌とは

ピロリ菌とは

ピロリ菌は胃粘膜細胞と粘液中に生息する細菌で、胃の粘膜に炎症を起こし、様々な症状や病気の原因となります。中高年の方はピロリ菌の感染率が高く、特に慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の方に多くみられます。また、ピロリ菌に感染していると胃がんのリスクも高まります。

ピロリ菌がもたらす症状や病気

こんな症状はありませんか?
チェックマーク
  • 胃がもたれる
  • 吐き気がする
  • 空腹時に胃が痛む
  • 食後にお腹が痛い
  • 食欲がない

ピロリ菌がもたらす病気

  • 繰り返す胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 胃がん など

当院のピロリ菌検査・治療

当院のピロリ菌検査・治療

ピロリ菌検査は適切な方法で実施しないと、偽陰性(実際は感染しているのに判定結果に反映されない)が出る場合があります。当院では、日本ヘリコバクター学会のピロリ菌感染症認定医である院長が、精度の高い判定で確実な除菌治療をサポートいたします。また、一次除菌、二次除菌は保険診療対象ですが、二次除菌で失敗した方も保険適応外ですが、三次除菌治療も行えますので是非ご相談ください。

検査方法

内視鏡検査あり 組織鏡検法
内視鏡検査なし 尿素呼気試験、血中・尿中抗体測定法

治療方法

保険適用

一次除菌治療
抗生物質と胃薬がセットになったピロリ除菌薬を1週間服用します。薬を内服終了後、4週間以上あけて尿素呼気試験というピロリ菌がいなくなったかどうか調べる検査を行い、除菌が成功したかどうかを調べます。
二次除菌治療

除菌が完了しなかった場合、別の薬を服用します。同様の検査で除菌の成否を確認します。

自費診療

三次除菌治療

二次除菌治療後も菌が残っている場合、別の薬を服用します。三次除菌からは保険適応外ですので、自費診療となります。

院長からのアドバイス

  • ピロリ菌は、身体的・経済的負担の軽い薬の服用のみで治療できます。胃がんなどの重大な病気の予防につながりますので、ご興味のある方は当院までお問い合わせください。

費用

胃カメラ

内容 費用
検査のみ 4,500~5,500円程 (3割負担)
1,500~2,000円程(1割負担)
組織採取した場合 9,000~11,000円程度 (3割負担)
3,000~4,000円程(1割負担)

別途費用

内容 費用
処置シーツ代・小(自費) 30円(税込)

ピロリ菌検査

内容
内視鏡検査
尿素呼気試験
血中・尿中抗体測定法

ピロリ菌除菌治療

内容
一次除菌、二次除菌
三次除菌(自費診療)

※:3割負担の場合

胃がん健診

気になる症状があれば
いつでもご相談ください

内視鏡内科・内科・消化器内科・訪問診療 受付時間  8:50~11:45 / 13:50~18:45
ページ TOP