胃カメラ

このような方は
胃カメラ検査を受けましょう
チェックマーク
  • 胃痛、みぞおちの痛み
  • 吐き気
  • 胸焼け
  • げっぷが出る
  • のどのつかえ感
  • 胃もたれ
  • 胸のつかえ感がある
  • 貧血を指摘された
  • 胃透視検査で異常を指摘された

など

上記のような症状がある方は胃カメラ検査を受けましょう。
重篤な疾患にかかっている可能性も考えられます。放置せず、まずは医療機関を受診し適切な処置を受けることをおすすめいたします。

胃カメラ検査とは

経鼻上部内視鏡検査

先端に高性能のカメラがついた内視鏡を鼻または口から挿入し、 食道・胃・十二指腸を観察する検査です。胃カメラのメリットは、胃透視検査よりも胃がんを早期発見しやすいことです。年1回の検査を受けていれば、がんを早期に見つけて内視鏡で切除できます。

当院の内視鏡検査の特徴

当院の内視鏡検査

当院の胃カメラ検査についてご紹介いたします。

  • 内視鏡専門医による検査

    当院では日本消化器内視鏡学会の専門医が検査を実施します。豊富な経験と治療実績を積んでおりますので、安心・安全に検査を受けていただけます。初めて内視鏡検査を受けられる方もどうぞご安心ください。ご不明点等ございましたらお気軽に医師やスタッフまでご相談ください。

  • 鎮静剤を使用することで痛みやつらさを軽減

    内視鏡検査と聞くと、「痛そう」「怖い」というイメージをお持ちの方が多いと思います。当院では少しでも検査を楽に受けていただけるよう、様々な工夫を行っています。
    その一つが鎮静剤の使用です。鎮静剤使用により、ほとんど眠った状態で検査を受けることができ、患者様の負担を軽減することが可能になります。患者様一人ひとりのご要望に応じて、鎮静剤の量は調整が可能ですので、ぜひ医師にご相談ください。今まで鎮静剤を使用したが効かなかった、効きすぎて検査後ふらふらした、など鎮静剤に関して不安な方も安心してご利用いただけます。

  • 極細径の内視鏡を使用

    当院の胃内視鏡は、先端部外径が5.4ミリと非常に細いタイプのスコープを使用しているため患者様の負担を抑えることができます。患者様の負担を抑えながらも、先端には高画質な超小型のCCDカメラを搭載しているため精密な検査が可能です。

  • 異常があれば病理検査対応

    胃カメラ検査を行うなかで、病変やポリープなど、何らかの異常を発見した場合には、病理検査まで対応することが可能です。疾患の有無を確認いたします。

  • リカバリールームを完備

    当院では検査を終えた後、患者様が院内でゆっくりリラックスしてお過ごしいただけるリカバリールームを完備しております。ゆっくりとお休みいただいた後、お帰りいただくことができます。

  • 茅ケ崎駅より徒歩2分の好立地

    当院は茅ケ崎駅から徒歩2分のアクセスの良い場所に位置しています。通院・治療がしやすいクリニックとなっております。

鎮静剤を使用した胃カメラ検査

  • 鎮静剤活用により「苦痛のない内視鏡検査」が可能!

    当院では鎮静剤の使用を積極的に実施しており、検査時に痛みを伴うことなく検査を実施することが可能です。
    実際に鎮静剤を使用して検査を実施された患者様からは、次のようなお声をいただいています。
    「眠っているうちに検査が終了していた」
    「痛みを感じることなく検査が終わった」

    鎮静剤を使用することで、ほとんど眠った状態で検査を実施することができます。そのため内視鏡検査に対する「痛そう…」や「何だか怖い…」といった不安をなくすことが可能です。初めて内視鏡検査を受けられる方はもちろん、過去に内視鏡検査で苦しい思いをされた方も安心して受けていただけます。

  • 鎮静剤を使用した検査の流れ

    検査を開始する際に注射器で鎮静剤を投与いたします。投与するとすぐにウトウトと眠くなってきて麻酔が効いてきます。鎮静剤の量は、年齢や体格、既往症、服用している薬などに合わせて調整をしていきます。
    検査中は痛みや苦痛を伴うことなく検査を実施できます。検査が終了したら、リカバリールームでゆっくりお休みいただきます。

  • 注意点

    鎮静剤を活用する際には、下記の注意点がございますので予めご了承ください。

    • 鎮静剤が覚めるまで院内でお休みいただきます。院内での検査時間が長くなる点ご了承ください。
    • 鎮静剤を使用された方の、お車・自転車の運転はお控えいただいております。公共交通機関をご利用いただくか、付き添いの方に運転してもらうようにしてください。

胃カメラ検査でわかる疾患

胃カメラ検査で次の疾患が分かります。

  • 慢性胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 胃ポリープ
  • 胃アニサキス症
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染

胃がんや食道がんなどの疾患に罹患している可能性もございますので、お身体の不調を感じた際には、胃カメラ検査を受けましょう。

胃カメラ検査の流れ

経口上部内視鏡
  • 1ご予約

    WEBやお電話にてご予約をお取りください。
    事前にご予約をしていただいてから来院されることで、当日の診療がスムーズになります。
    抗血栓薬を内服されている方は事前にお知らせください。

  • 2検査前日

    検査前日は、夜8時までに夕飯を済ませ、それ以降の食事はお控えください。お水やお茶の摂取は可能です。内服薬(血圧を下げる薬、心臓病の薬、抗凝固剤など)の使用については医師にご相談ください。飲酒はお控えください。

  • 3検査当日

    検査当日は朝食をとらず絶食でクリニックにお越しください。お水やお茶の摂取は可能です。

  • 4ご来院

    ご予約をお取りした方は、予約時間の少し前にクリニックにご来院ください。
    検査時に鎮静剤をご希望の方は、お車・自転車でのご来院はお控えいただいております。
    ご来院されましたら、受付・問診を行っていただき、呼ばれるまで待合室にてお待ちください。

  • 5診察

    検査前に医師が診察を行います。当日の体調などにょっては、胃カメラ検査ではなく別のご提案をさせていただくことがございます。予めご了承ください。

  • 6検査

    事前診察が終わりましたら検査に移ります。

  • 7結果説明

    検査が終了したらゆっくりお休みいただきます。その後、医師が検査結果の説明を行います。検査時に生検を行った場合は、後日病理結果の説明をさせていただきますので、再度当院へお越しいただきます。結果説明の際のご不明点については、医師やスタッフにお気軽にお尋ねください。

  • 8会計

    結果説明まで済みましたら、本日の検査は全て終了です。お会計を済ませてご帰宅いただけます。鎮静剤を活用された方は、お車・自転車でのご帰宅をご遠慮いただいております。付き添いの方に運転をしていただくようお願い申し上げます。

    検査1時間後から飲食が可能です。(組織検査を行った場合は2時間後から可能です)
    検査2~3日は刺激物は控えるようにしてください。

胃カメラ検査の費用

胃カメラ検査の費用は下記の通りです。
下記の費用は参考金額です。診療内容に応じて費用の変動がございますので、ご了承ください。

検査 1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ
検査のみ
約1,500円 約3,000円 約4,500円
胃カメラ
検査

病理組織
検査
約3,000円 約6,000円 約9,000円

料金体系は参考ですので金額は変動する可能性があります。

検査予約はこちら

当院の胃カメラ検査はこちらから。

よくある質問

Q 胃カメラ検査は苦しくないですか?
A
当院では鎮静剤を使用した内視鏡検査を行っております。ほとんど眠った状態で検査を受けることができますので、痛みや苦痛を伴うことがありません。初めて検査を受けられる方や、過去に内視鏡検査を受けられた方も安心して受けていただくことができます。
なお鎮静剤を使用する場合は、お車・自転車の運転はお控えいただいておりますので、予めご了承ください。
Q 胃カメラ検査は保険適用されますか?
A
はい。当院では、症状があったり、検診で異常を指摘された方は、原則保険適用で胃カメラ検査を実施させていただいております。
Q 胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同時に受けられますか?
A
可能です。当院では胃カメラ・大腸カメラの同日検査を実施しております。検査準備や検査が1回で済みますので、患者様の負担を軽減することができます。検査の所要時間は15分程度です。忙しいビジネスパーソンや子育て世代の患者様におすすめの検査となっております。

気になる症状があれば
いつでもご相談ください

内視鏡内科・内科・消化器内科・訪問診療 受付時間  8:50~11:45 / 13:50~18:30
ページ TOP