胃もたれ

胃もたれとは

胃もたれとは

胃もたれとは、胃の中に取り込んだ食べ物の消化がうまくできず、胃の中にいつまでも食べ物が残っているような、重苦しく感じる症状のことをいいます。
日常的に多くの人に起こりやすい症状であり、膨満感をはじめ不快な症状は長時間続きます。胃の消化機能が低下したことで起こる場合や、重い消化器疾患などが関係して起こる場合があります。

胃もたれの症状

胃が膨らんでいる感じ、胃が重い、苦しい、むかつく、食べ物が消化されていない感じ、吐き気を伴うものまで、人によって症状の感じ方は様々です。
また、胃もたれのような消化器官の不快症状のひとつに、胸やけがあります。胃もたれは胃の不快感が主であるのに対し、胸やけはみぞおち付近から喉の方へ、じりじりと焼けるような症状がみられるのが特徴です。胃液や胃の内容物が逆流することで食道が炎症することで症状があらわれます。

胃もたれの原因

胃もたれの原因

胃の働きである、弛緩機能(一時的に食べ物を貯留する)や、消化機能(胃酸によって消化する)、ぜんどう運動(消化したものを腸へと送る、自然に起こっている運動)のうち、いずれかの働きが低下することによって、胃もたれという症状がみられるようになります。
胃もたれの主な原因は、食べ過ぎです。また、早食いや、脂っこい食事を多くとることも胃もたれを起こす原因となります。特に天ぷら、揚げ物、お肉など、脂分が多く含まれる食事は、胃に大きな負担をかけてしまうので食べ過ぎには注意が必要です。
正常な胃は風船のような伸縮性がありますが、胃の内部の悪性腫瘍や、潰瘍、炎症によって、その伸縮性が損なわれることで、胃もたれを強く感じる場合もあります。
そのほかには、ガムをかんだり、炭酸飲料を飲むことで胃の中に多くの空気を取り込むことも、胃もたれの原因になります。
また、ストレスは胃に影響を与え、機能低下や知覚過敏を引き起こすと言われています。睡眠不足や不規則な生活が続くことがストレスとなり、胃もたれの原因になることもあるのです。
その他の原因として多いのが、機能性胃腸症という病気です。別名で機能性ディスペプシアと呼ばれる病気で、胃などの消化器疾患が見られないのに、胃もたれなど腹部の不快感が継続するのが特徴です。機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は、胃の運動機能異常、胃酸分泌の異常、胃の知覚異常、ストレスなどの心的要因、ヘリコバクター・ピロリ菌感染による胃炎など、複数の要因が組み合わさることで発症することが、近年になってわかってきました。

胃もたれの検査

胃カメラ検査

胃がもたれるタイミングによっても、病気の違いが分かることがあります。たとえは、食後に胃がもたれる場合は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因であることが多く、食後の胃もたれは、胃炎や胃潰瘍の可能性が考えられます。
食生活など生活習慣を改善しても症状が継続する場合は、胃やそれ以外の内臓に病気が潜んでる可能性があるため、詳しい検査が必要です。検査方法には、胃カメラ、腹部エコー、CT検査などがあります。これらの検査で、胃がんや胃潰瘍などの病気以外に、すい臓、胆嚢、肝臓の病気が無いかどうかも確認します。
胃炎があってヘリコバクター・ピロリ菌の感染が疑われる場合は、さらに検査が追加になることもあります。

胃もたれの治療法

胃もたれの治療法

内視鏡で異常が見つからなかった場合、胃もたれの症状があっても服薬治療を行わない場合もあります。まずは食べ過ぎや早食いなどの食習慣や、ストレス対策など、直接の原因と考えられる生活習慣の見直しから始めることが大切です。
具体的には、食事の際はゆっくりとよく噛んで食べる、腹八分を心がけて食べ過ぎない、脂肪分の摂取を控える、胃に刺激のあるものは避ける、野菜もたくさん食べるようなバランスの良い食事となるよう、食事の習慣を根本から見直します。ストレス対策としては、十分な睡眠時間を確保し、スポーツなど適度な運動を行うことでストレスをためない、規則正しい生活を心がけます。
機能性胃腸症があることが分かったら、生活習慣の改善に加え、胃運動改善薬などを用いた薬物治療も必要となってきます。

内視鏡で病気が見つかった場合は、すみやかに適切な治療が行う必要があります。急性胃炎や、胃潰瘍の場合は胃酸の分泌を抑えるお薬を服用します。また、ピロリ菌感染が陽性の場合は、除菌療法も併せて行います。ピロリ菌の除菌は、一次除菌で成功することがほとんどですが、除菌が十分ではない場合は、お薬を変更して2次除菌を行います。ピロリ菌は確実に除菌療法を行うことで、胃がんの発生リスクを軽減させることができます。日本人の2人に1人はピロリ菌に感染していると言われていますが、2013年には慢性胃炎に対する除菌療法が保険適用となったことで、より多くの方が治療を受けることができるようになりました。

参考

気になる症状があれば
いつでもご相談ください

内視鏡内科・内科・消化器内科・訪問診療 受付時間  8:50~11:45 / 13:50~18:30
ページ TOP