逆流性食道炎

このような症状でお困りですか?

このような症状でお困りですか?

喉からお腹のあたりにかけて感じる違和感や不快感が続く方は、逆流性食道炎の可能性があります。
例えば、下記のような症状です。

  • 焼けつくような違和感が、みぞおちから胸の下にかけて生じる(胸やけ)
  • すっぱいものがこみ上げてくるような感じがする(呑酸 どんさん)
  • 食べた物がいつまでも消化されない、胃がもたれる感じがする
  • 胸がつまるような強い痛み
  • 便秘でもないのにお腹が張ったような感じがする
  • げっぷが頻繁に出てくる

また、逆流性食道炎には、直接胃や消化管には関係しないと思われる症状もあります。下記のような症状が続いていて、かつ、耳や喉に異常がない時には、逆流性食道炎が疑われる場合もあります。

  • 耳の違和感
  • 耳鳴り
  • 声のかすれ
  • 高い声が出にくくなる
  • 慢性的にせきこむようになる
  • のどの痛み
  • のどの違和感
  • 嚥下困難感(のみこみにくい)など。

逆流性食道炎は自然に治る病気ではありません。逆流性食道炎と思われる症状が見られたら、放置せず医療機関を受診するようにしましょう。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃の中にある胃酸が食道に向かって逆流してくることで、食道に炎症が起こる病気です。胃の粘膜から分泌される胃酸は、胃の中で食べ物の消化に関わっています。

胃と食道のつなぎ目の部分には、「噴門(ふんもん)」と呼ばれる筋肉の部位(下部食道括約部)があります。噴門の役割は、胃酸が食道へ逆流しないように防ぐことです。

なんらかの理由で噴門部の筋肉の力が弱まると、胃酸が食道へ逆流してしまいます。食道の内側は胃酸には弱い構造をしているため、胃酸が逆流をくり返すことで、炎症を起こしてしまうのです。

逆流性食道炎の原因

噴門部の筋肉の力が弱くなる原因には、

  • 暴飲暴食
  • 脂肪分の多い食事
  • 不規則な食事時間
  • 妊娠・肥満・便秘などのために腹圧が上昇すること

などが考えられています。

逆流性食道炎を放置して胃酸の逆流が長く続くと、バレット食道という状態になります。一度バレット食道の状態になってしまうと治すことはできません。また、食道がんの原因になるともいわれています。

また、くり返す炎症により食道が狭窄してしまい、食べ物の通過障害が起きたり、出血が起こったりすると考えられています。

逆流性食道炎を悪化させる生活習慣

日常生活では、逆流性食道炎の原因を理解し、注意する必要があります。ここでは3つの項目に分けて説明していきます。

  • 日常生活
  • 食生活
  • ストレス

【日常生活】

日常生活では腹部に圧がかからないように注意しましょう。腹部に圧がかかると、逆流性食道炎が起こりやすくなると考えられています。

逆流性食道炎の悪化につながる行動には以下のようなものがあります。

  • 腹部を締め付けるような服を着る
  • 重いものを持ち続ける
  • 前かがみの姿勢での作業
  • 体の右側を下にして寝る
  • 肥満や過食、便秘など体の臓器そのものが胃に圧を加えること

そのほか、喫煙も逆流性食道炎の悪化に関係するといわれています。

【食生活】

暴飲暴食と就寝前の食事はNGです。どちらも胃から胃酸が逆流しやすくなります。

また、胃酸の分泌量を増やす食品も、胃と食道のつなぎ目を緩みやすくしてしまいます。
具体的には下記のような食品が挙げられます。

  • 高脂肪食
  • 甘いものなどの高浸透圧食
  • アルコール
  • チョコレート
  • コーヒー
  • 炭酸飲料
  • みかんなどの柑橘類 など。

【ストレス】

ストレスも逆流性食道炎が悪化する一因です。なぜなら、胃酸の分泌は自律神経によって調整されているからです。

慢性的にストレスがかかることで、まず自律神経が乱れます。すると、胃酸の増加や胃酸分泌のタイミングの変化などが起こり、逆流性食道炎につながると考えられています。

ストレスは、胃炎や胃潰瘍など、逆流性食道炎以外の消化器系の病気にもつながるといわれています。

医療機関で行う逆流性食道炎の検査

医療機関で行う逆流性食道炎の検査

逆流性食道炎と思わしき症状があるという方はまずは消化器内科を受診しましょう。

消化器内科で診察を受け、逆流性食道炎の可能性があると診断された場合には、胃カメラを行うことがあります。胃がんや胃潰瘍など、逆流性食道炎以外の病気にかかっていないかを調べるために行うこともあります。

また、症状は出現するけれど食道に炎症がないケース、自覚症状は乏しいけれど食道に炎症が起こっているケースなどもあります。そういった方の診断にも胃カメラは有効です。

医療機関で行う逆流性食道炎の治療

医療機関で行う逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療は、以下の2つの方面からアプローチを行います。

  • 薬を使用する
  • 食事などの生活習慣を改善する

薬を使用する場合

逆流性食道炎と診断された場合には内服治療を行うのが一般的です。主に3つの種類のお薬が使われます。

  • 胃酸の分泌を抑制する薬
  • 胃酸を中和したり胃酸の刺激を弱めたりする薬
  • 消化管の運動を改善する薬
胃酸の分泌を抑制する薬 ・食道の粘膜のただれなどを改善する。
・約8週間程度服用する必要がある。
胃酸を中和したり胃酸による刺激を弱めたりする薬 ・胸やけなどの不快な症状を改善する。
・服用後すぐに効果が出るが、効果が30分程度しか持続しない。
消化管の運動を 改善する薬 ・食道の動きを改善し、逆流した胃酸を胃に戻す。
・胃酸の分泌を抑制する薬の効果が十分ではなかった時に併用される。

食事などの生活習慣を改善する場合

逆流性食道炎を悪化させる原因となる生活習慣や食習慣を避けるようにしましょう。ここでは具体的な行動を紹介します。

日常生活の改善 ・ベルトや下着などで腹部を締め付けない
・上半身を高くした姿勢で寝る
・肥満の解消
・禁煙する など。
食生活の改善 ・腹八分目を心がける
・ゆっくり食べる
・食後2時間は横にならない
・胃酸の分泌を促す食品を避ける(アルコール、香辛料、コーヒー、酸っぱいもの)
・食後にチューイングガムをかむ(唾液で胃酸を中和する)
・粘膜を修復する効果のあるビタミンUを含む食品を摂取する(キャベツ、レタス、トマトなど) など。
ストレスの改善 ・ストレスを発散するために趣味やスポーツを楽しむ など。

特に、肥満の解消と上半身を高くした姿勢で寝ることは、高い改善効果があるとされています。

もちろん個人差がありますので、上記の項目をすべて守ったからといって逆流性食道炎にはならないということではありません。逆流性食道炎の原因となる行動や食事で胸の痛みや胸やけを経験したことがある方は、過剰な摂取を控えることが予防へとつながります。

当院で逆流性食道炎の診察が可能です

当院で逆流性食道炎の診察が可能です

湘南いしぐろクリニックでは逆流性食道炎の診察が可能です。代表的な消化器疾患である逆流性食道炎の対応実績は豊富にあります。

逆流性食道炎のセカンドオピニオンから鎮静剤を使用した胃カメラ検査まで幅広い対応が可能ですので、逆流性食道炎でお困りの方はいつでもご来院ください。逆流性食道炎が疑われる胸焼け症状の診察にも、もちろん対応しております。

逆流性食道炎は深刻な症状に発展する前の早期治療が重要です。些細な症状でも全く問題ありませんので、いつでも当院へお越しください。

気になる症状があれば
いつでもご相談ください

内視鏡内科・内科・消化器内科・訪問診療 受付時間  8:50~11:45 / 13:50~18:30
ページ TOP