大腸カメラ

こんなお悩みありませんか
チェックマーク
  • 健康診断や人間ドックで便潜血陽性を指摘された
  • 便に血が混ざっていた
  • 便秘ぎみ、下痢ぎみ
  • 最近、便が細くなってきた
  • 腹痛が続く

こんな病気かもしれません

こんな病気かもしれません
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
大腸カメラ(大腸内視鏡検査)とは

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)とは、先端に高性能のカメラがついた内視鏡を肛門から挿入し、大腸内を観察する検査です。ポリープやがんを目で見て確認できるため、確度の高い診断が可能で、検査からそのままポリープ切除に移行することもできます。

当院の大腸カメラ

当院の大腸カメラ
  • 内視鏡専門医による検査

    当院の院長は、日本消化器内視鏡学会の専門医です。また、胃・大腸内視鏡検査と治療件数のある昭和大学横浜市北部病院の消化器センターで、多くの経験積んでおります。

  • 極細径の内視鏡

    当院の大腸内視鏡は、先端部外径が11.7ミリと非常に細いタイプを使用。先端にはハイビジョン画質のCCDカメラを搭載しており、拡大機能で良性腫瘍と悪性腫瘍を的確に判断できます。患者さまの負担を抑えながら精密な検査を可能にします。

  • お腹の張りを軽減する炭酸ガス

    当院では内視鏡用炭酸ガス早期装置を導入しています。検査後のお腹の張りを軽減し、検査に伴う苦痛を減らします。

  • 痛み・つらさを軽減する技術

    当院では、大腸の曲がり角をなるべくまっすぐにしながら挿入する「軸保持短縮法」を採用。検査中の痛み・つらさを緩和できる一方、難易度が高く実施できる医師が少ない挿入法です。当院の院長は、昭和大学横浜市北部病院でこの挿入法について修練を積んでおり、鎮静剤との併用で患者さまの負担を大幅に軽減できます。

  • 胃・大腸の同日検査可能

    当院では胃と大腸の内視鏡検査を同じ日に実施可能で、所要時間は20分程度です。なるべく一度の通院で済ませたい方におすすめです。

  • 大腸ポリープの日帰り手術

    大腸ポリープが見つかった場合、日帰りで切除可能です。

  • ご希望に応じて鎮静剤を使用

    どうしても検査が心配な方、過去につらい経験をされた方へは、鎮静剤の使用をおすすめします。非常に楽に検査が終わりますので、患者さまの負担を軽減できます。患者さま一人ひとりに合わせて量を細かく調整いたしますので、効きすぎることが不安な方も安心してご利用ください。

  • 徹底した衛生管理

    当院では、日本消化器内視鏡学会の推奨するガイドラインに基づき、スコープや処置具の洗浄・消毒を行っております。

検査の流れ

  • 注意事項
    検査前日
    • 夕食は20:00頃までに、消化のよいメニューで軽めに済ませてください。ご希望の方には検査食を販売いたします。
    検査当日
    • 検査前は食事を抜いてください(水分摂取は可)。
    • 鎮静剤を使用する方は、事故防止のため当日の運転はお控えください。
    • 替えの下着をお持ちください。
    • 腸洗浄液は、ご自宅で検査5時間前から2時間かけて服用してください。
    検査後
    • 検査1時間後から飲食が可能です。
      (※組織検査を行った方の食事は2時間後から)
    • 検査後2~3日は、刺激物は控えてください。

検査の流れ

検査の流れ
  • 1事前検査・問診

    検査前に一度外来を受診していただきます。必要に応じて常用薬の確認や各種検査を行います。

  • 2下剤の内服

    検査当日の朝、ご自宅で下剤を内服していただきます。何度か排便をして、ある程度きれいになったら予約時間前にクリニックへお越しください。自宅での服用がどうしても心配な方は院内で服用していただきます。

  • 3受付

  • 4更衣室

    検査着に着替えます。

  • 5問診

  • 6点滴

    一時的に腸の動きを抑制するお薬です。

  • 7鎮静剤

    ご希望に応じて鎮静剤を使用いたします。痛みやつらさが心配な方におすすめです。

  • 8検査

    肛門から内視鏡を挿入し、腸の内部を観察します。ポリープが見つかった場合はその場で切除することも可能です。

  • 9休憩

    リカバリー室でお休みください。

  • 10検査結果・注意事項の説明

検査後のアフターフォロー

  • 治療が必要な方には、お薬を処方いたします。
  • 特に問題がなかった方には、今後のおすすめの検査についてご案内いたします。
  • 定期的な検査をご希望の方には、当院からご案内をお送りいたします。

院長からのアドバイス

  • これまでの検査で痛みやつらさを感じた方、下剤の服用で苦労した方は、ぜひ当院までご相談ください。下剤は豊富な種類をご用意しておりますので、体に合ったものをおすすめいたします。

費用(税込)

大腸カメラ

内容 費用
検査のみ 5,000~6,000円程度 (3割負担)
2,000~2,500円程度(1割負担)
組織採取した場合 11,000~13,000円程度 (3割負担)
4,000~5,000円程度(1割負担)

別途費用

内容 費用
処置シーツ代(自費) 150円
トランクス代(自費) 250円
検査食(ご希望の方のみ・自費) 1,300円

大腸ポリープ切除

内容 費用
長経2cm未満 20,000円前後(3割負担)
7,000円前後(1割負担)
長経2cm以上 27,000円前後(3割負担)
9,000円前後(1割負担)

気になる症状があれば
いつでもご相談ください

内視鏡内科・内科・消化器内科・訪問診療 受付時間  8:50~11:45 / 13:50~18:45
ページ TOP