乳腺・甲状腺外来

定期的な乳腺の健診を
乳腺の異変に気づいたら早めの検査を

乳腺外来

乳がんとは

乳がんとは

乳がんとは、乳房の中の母乳を作る『小葉組織』・母乳を乳首まで運ぶ管『乳管組織』から発生する悪性腫瘍です。 約90%は乳管から発生する乳管がんです。乳管がんは乳頭腺管癌・充実腺菅癌・硬癌など細かく約15種類に分かれます。また、約5%の発症率の腺房細胞にできる小葉癌もあります。他の粘液癌・髄様癌・管状癌などの特殊なタイプもあります。

また、大きく乳がんを分けると浸潤癌と非浸潤癌とに分けられます。非浸潤癌は約9.2%で乳管・小葉の中に留まっていて、周囲に広がらない癌で非常に転移しにくい癌です。また、乳がんはしこりを触れるものが90%ですが、しこりを形成しない非触知乳がんが約10%程度あります。しこりがなくても乳がんがある可能性があります。

14人に1人が乳癌

14人に1人が乳癌

1996年には日本女性の悪性腫瘍罹患率第一位となり、2008年には約5万人以上の人が罹患しました。日本人女性14人に1人が乳がんに罹患するといわれています。乳がん発生は20歳過ぎから認められ、40歳後半が最も多い年齢となります。他のがんと比べて、若い年齢から発生する可能性が高いがんと考えられています。20歳から乳がん年齢と言われており、特に35歳以下での発生は死亡率が高いと言われています。2008年の乳がん死亡者11,890人です。乳がんに罹った方の約30%は亡くなられています。

こんな方は乳がんに注意

  • 未婚の方
  • 初産年齢が30歳以上の方
  • 初潮が11歳以下の方
  • 閉経が55歳以上の方
  • 乳がんに罹った方が血縁関係にいらっしゃる方
  • 肥満の方
  • 閉経後に肥満になった方
  • 避妊薬を御使用になっている方
  • 動物性脂肪摂取の多い方
  • 成人で高身長の方
  • 運動習慣のない方
  • 豊胸手術を行った方
  • 遺伝子変異を起した方
乳がんを疑う注意する症状
チェックマーク
  • 乳房にしこりがある。
  • 乳房の一部に色調変化がある。
  • 乳頭分泌がある(血性)。
  • 乳房の皮膚にくぼみがある。

定期的な乳腺の検査を

  • 20代から専門医療機関での超音波検査やマンモグラフィー検査を行いましょう。
  • 自己検診を定期的に行いましょう。
  • 不妊治療などのホルモン治療を受けた方は特に注して定期的な乳腺検査を。
  • 検診で少しでも異常が指摘された方は、必ず超音波検査や針生検による精密検査を。

当院で行う乳腺外来

  • 女性医師が担当します

    女性の医師が担当しますのでご安心ください。
    乳腺学会専門医による診察を行っています。

  • 自己検診の指導

    乳がんは、触って見つけることのできるがんです。毎月一回、きちんと自己検診をしている女性は乳がんを早期のうちに発見できることが報告されています。

  • 医師による視診・触診

    医師が、両方のバストと乳首にくぼみがないか観察します。 また、バストとワキの下、首のリンパ節にしこりがないか、触診します。

  • 超音波検査

    バストに超音波をあて、乳房内をモニター画面に映し出す検査法です。 放射線を使わないので、妊娠中でも安心して受けられます。

  • マンモグラフィー検査

    バストを板で挟んで行うレントゲン検査です。
    触診や超音波検査でも見つけることのできない、早期の乳がんを発見することができます。
    必要に応じて近隣の医療機関に依頼して検査を行います。結果は当院で画像を見ながらご説明いたします。

  • 1次検診で異常を指摘された方の精密検査を行います

    視触診やマンモグラフィー検査で異常を指摘された方に精密検査を行います。 超音波検査を使用し、必要に応じて針生検を行います。更なる精密検査や手術が必要になる場合は専門医療機関へご紹介致します。

  • 術後の定期フォローアップを行います

    乳がん術後は長期の定期通院・定期フォローアップが必要です。
    乳がん術後の定期通院もご希望に応じて当院で行います。術後内服治療や定期検査を行います。
    紹介先医療機関と連携をとって行っていきます。

甲状腺外来

当院で行う甲状腺外来

甲状腺機能異常

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)や橋本病(甲状腺機能低下症)などの甲状腺ホルモン異常の検査を行います。
検査の結果異常が見られた場合、ホルモン剤を中心として治療を行います。
場合によっては手術なども必要になる場合があり、専門の医療機関へご紹介いたします。

甲状腺腫瘍

甲状腺は腫瘍が発生する可能性がある臓器です。 良性腫瘍には甲状腺腺腫、甲状腺のう胞などがあります。 悪性腫瘍には甲状腺がん、未分化がん、悪性リンパ腫などがあります。 注意しないとなかなか発見がしずらい疾患です。また中には悪性度が高く進行が速いがんもあります。
のどのしこりがある場合、検診で異常を指摘された方は精密検査をおすすめします。 超音波検査により甲状腺の画像検査や血液検査を行います。場合によっては針生検による組織検査を行います。
さらなる精密検査が必要な場合は専門医療機関へご紹介いたします。

気になる症状があれば
いつでもご相談ください

内視鏡内科・内科・消化器内科・訪問診療 受付時間  8:50~11:45 / 13:50~18:00
ページ TOP